【4175】職場では辛いが休日は外出できる私は擬態うつ病でしょうか

Q: 30代男性です。本日は、林先生に私の症状をご相談したいと思いましてメールしております。
【症状】
3ヶ月前ごろに、仕事がうまくいかない時期があり、それ以来以下の症状が生じております。
・毎日朝4時半~5時に目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない
・上記の通り、起きてはいるものの、ベッドから起き上がることが非常に苦痛
・食欲は以前よりも低下し、体重も減少。久々に会う人からは、一様に痩せたねといわれる
・考えがまとまらず、仕事が手につかない。以前には起きなかったような細かいミスが頻発している

以上のような状況が続き、ふとした瞬間に「死にたい、生きていることが辛い」と思うようになりました。
妻にこの症状を相談し、2週間ほど前から心療内科を訪問しております。
心療内科では下記の薬を処方されております。
・デエビゴ 5mg
・レクサプロ 10mg

いずれの薬も毎日飲んでいるのですが、不眠・希死念慮・集中力の欠如については進展があまり見られません。
また、レクサプロの副作用か、吐き気や眩暈が頻発しております。
上記のことは主治医にはお伝えしているのですが、「もう少し薬を飲んで、様子を見てみよう」と伝えられております。また、現時点では病名を告知されてはおりません。後述するように、休日には外に出たりすることが出来るので、うつ病ではなく擬態うつ病か適応障害ではないかと考えております。

【林先生に相談したいこと】
(1) 職場では集中力が欠如し辛いのですが、休日は何とか外出出来たりする状況です。
私は擬態うつ病なのでしょうか、うつ病なのでしょうか、それとも適応障害なのでしょうか。

(2) 飲んでいる薬については、もっと長期的に見ていく必要があるのでしょうか。

林先生のご見解をいただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

林: あなたはうつ病である可能性が高いと思います。

(1) 職場では集中力が欠如し辛いのですが、休日は何とか外出出来たりする状況です。
私は擬態うつ病なのでしょうか、うつ病なのでしょうか、それとも適応障害なのでしょうか。

仕事とそれ以外の場面で症状にギャップがある場合、それはうつ病ではないと判断するときの重要な根拠の一つになるのは事実です。しかしたとえば【3711】の回答に記したように、それだけでうつ病の診断を否定できるものではありません。この【4175】は、

・毎日朝4時半~5時に目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない
・上記の通り、起きてはいるものの、ベッドから起き上がることが非常に苦痛
・食欲は以前よりも低下し、体重も減少。久々に会う人からは、一様に痩せたねといわれる
・考えがまとまらず、仕事が手につかない。以前には起きなかったような細かいミスが頻発している

などの症状から見て、うつ病の可能性がかなり高いと判断できます。休日に外出できるという事実はこの判断を覆すには至りません。
したがって、

私は擬態うつ病なのでしょうか、うつ病なのでしょうか、それとも適応障害なのでしょうか。

擬態うつ病である可能性はほとんどありません。適応障害という診断とうつ病の関係については【3845】うつ病か適応障害か をご参照ください。

(2) 飲んでいる薬については、もっと長期的に見ていく必要があるのでしょうか。

その通りです。もっとも、レクサプロ10mgを2週間飲んで全く改善がない場合は、20mgに増量することを考慮するというのが一般的ですが、この【3711】では副作用のため増量しにくい状況であることが窺われます。このような場合、別の抗うつ薬に切り替えることも考えられますが、

上記のことは主治医にはお伝えしているのですが、「もう少し薬を飲んで、様子を見てみよう」と伝えられております。

この主治医の先生の方針は適切だと思います。次回の診察でも同じような状態であれば、その時点で別の抗うつ薬に切り替えるというのが妥当でしょう。

(2020.11.5.)

05. 11月 2020 by Hayashi
カテゴリー: うつ病, 擬態うつ病, 精神科Q&A, 薬の副作用