【3430】10数年ひきこもっている弟が最近、特許や亡命にこだわるようになった

Q: 39歳の弟ですが引きこもってから10数年になります。 私は40代の姉です。
18歳高校3年の時に父の会社が倒産しまた事情があり働けず、卒業後1年程は住み込みでほとんどの給料を仕送りして私と共に家族を支えてくれていましたが、何もかもをほって突然東京に行きました。20歳の頃自殺をすると電話があり、父が迎えに行き実家に戻ってきました。仕事はしていた様ですが長続きはしていなかった様で借金もあっての言動だと思っていました。
父が高校の面談で、教科書がなくても気にする様子もないと言われた事もある様でした。

それから10数年、仕事をしなさいと話したりしましたがする事もなく、5年くらい前までは両親とも喋らず、母に勝手に部屋に入った、母が仕事先に電話をして辞めさせた(そんな事実はありません)と言いがかりをつけ、それ以外は会話もありません。10年くらい前に大学の精神科にも行ったら擬人症と言われて終わりでした。

しかし、4年前私に子供ができ、可愛い様で私達親子が実家に戻った際には喋ったり、会話ができる様になってきました。

仕事についても、歯を抜かれてから噛み合わせが悪いから体調が悪いので仕事ができないと言い、足を引きずりそれも噛み合わせからだと主張したので(外で見かけた時も引きずっていたので嘘ではないんだと思いました←弟は私には気づいてません)、大学病院の歯医者にも行きましたが、体調に影響する様な事はないと言われ、弟もそれ以前から何十件と歯医者に行っていたみたいで、噛み合わせが悪いとは思わないとの診断だったのに、弟は一向に納得しません。

それから1年がたち、私達親子もなかなか実家に帰れず、昨年、母親に「殺して欲しいんか」と弟がいい、母親は家を出ました。

その後、声が聞こえる、今のテレビに関係するのは自分の特許、オバマ大統領と俺の特許、亡命するか?俺の特許があるから食べていけると思う、等と言いだしてきました。
今は66歳の父が年金とバイトで、弟と暮らしていて暮らしは楽ではないのに、特許がらみか東京に何度も行き、入場券で入り新幹線に乗り新大阪まで父を呼びつけ代金を払わせたりします。
東京方面に電話してるみたいで、電話代もすごい請求がきます。

私にも、東京に行かないとあかんからお金を貸してと行ってきたり、親戚にもお金の無心をします。貸せる余裕もないので貸しませんが。

また私も家庭があるので、土日は電話は遠慮してと行っても狙ったかの様に土日にらかけてきたり、私の娘の幼稚園には勝手に行かないでと何回行っても、約束させても勝手に行く、しょっ中電話してきて「大丈夫?なんか変わった事ない?お腹膨れたりしてない?俺がなんとかするから」など、話が胸落ちしてない、相手を思いやれない、私が嫌だと直接的な言葉で言っても伝わってない、何より無いはずの特許、亡命など言動もおかしいく、老親を働かせて自分は東京や高額電話代、それを咎めても、またやります。

精神科に行ったらと言っても、自分の言動をおかしいと思っておらず、私も確証がないので、また歯医者の様に自分の認識と違う事は信じずになるのではと案じてます。

先日、弟が高校1年の時に書いたと思われる手帳がでてきて、俺の中に悪魔がいる、俺はあつくなれない(一所懸命になれない)、一所懸命になれずいつも冷静に見てる自分がいる、誰からも頼られる男になりたい、などびっしり書かれていました。

その中に1文、皆んな俺から離れていって淋しい とあり、なんとも言えない気持ちになりました。
優しく、気の弱い所がある弟、なんとか自立できる様に、病気であれば治療を受けせなければと思っています。
弟は病気なのでしょうか?

 

林: 弟さんは典型的な統合失調症です。
このように、最初はいわゆる引きこもりの形で始まり、実際はそれが統合失調症の初期だったということは非常によくあることです。それが知られていないためにこの【3430】のケースのように長年放置されることはしばしばあり、ご本人にとって非常に気の毒なことです。同様の実例として【1820】兄は20年近い年ひきこもりの後、統合失調症と診断されたのですが、今は薬を拒否していますなどがあります。また、このようなケースについて、毎日デジタルの医療プレミアに私は、引きこもりに見る”病”のサインとして書いていますのでご参照ください。その中に私は

10代20代の若い人が、周囲からはよく理由がわからないけれど、ひきこもるようになった場合、統合失調症が発症している可能性があるということです。統合失調症は、治療しなければ幻聴や被害妄想が悪化します。悲惨な結果になることもあります。10年20年とひきこもりが続くこともあります。早く治療すればそういう経過は避けることができます。ところが統合失調症は、とても多い病気であるのにもかかわらず、あまり知られていません。知られていないから、治療が始められにくいのです。

と書きました。この【3430】の質問者は、残念ながらまさにこの通りで、統合失調症という病気を知らなかったために、10年以上が過ぎてしまったというのが厳然たる現実です。この【3430】のケースには、統合失調症に特徴的な被害妄想がはっきり認められますし、幻聴もあり、また、

歯を抜かれてから噛み合わせが悪いから体調が悪いので仕事ができないと言い、足を引きずりそれも噛み合わせからだと主張した

このように、自分の体についての不合理な不調に固執することも、統合失調症でしばしば見られる症状です。

それから

今のテレビに関係するのは自分の特許、オバマ大統領と俺の特許、亡命するか?俺の特許があるから食べていけると思う

このような訴えは、【2196】自分が作詞したヒット曲のお金が口座に振り込まれているはずだと言い張る兄。などと同様の色彩があるものです。いずれにせよ、統合失調症の診断は確実です。
なお、

10年くらい前に大学の精神科にも行ったら擬人症と言われて終わりでした。

この時に統合失調症は確実に発症していたと思われますので、診察した精神科医は診断を誤ったのだと思います。(「擬人症」という病気はありません。「離人症」を聞き間違えたのだと思います。統合失調症を離人症と誤診するのはあり得ることですが、この【3430】のケースの10年前の状態は、きちんと診察すれば誤診はあり得なかったと思います。ある意味、許し難い誤診でした)

長年無治療で経過してしまったことは大変残念なことですが、今からでも治療を受ければ改善することは期待できます。精神科で治療を受けさせてあげてください。

(2017.5.5.)

05. 5月 2017 by Hayashi
カテゴリー: 精神科Q&A, 統合失調症 タグ: , , |