【2576】主治医から通院やめてもいいと言われていますが、価値ない命だと思われてるのもわかるし、どうすればいいのかわかりません

Q: 40代女性です。精神科に通って3年になります、診断は、最初交通事故のため取り寄せた診断書ではPTSDでした、その後、主治医がかわり、先日の診察で、「僕はPTSDとは診断してないんです」といわれ「気分性障害」のような感じと言われました。ここ1年ほど自分の記憶がないことや、知らない間に車を運転して買い物した跡があったり、ご飯を作った後や食べた後があり、不安で、それを相談したのですが、薬の副作用かもと言われました。そのうち、家の中で変な声が聞こえるようになり、白い人が4mくらい離れたところでいつもいるのが気になり、それも相談したら、薬のせいでしょうと言われました。不安なのは、気分が変わりすぎることです。車を運手していて、急にこの車が嫌だ!と思い、車のディーラーにいって、新車の見積もりをしてもらいました。欲しいのですが、家族の許可がないと買えないので実現はしていません。今でも欲しいですが、急に行動的になり、車を買おうとしたり、仕事を始めようとして注文したらしい色々な種類の名刺が届いたり(3種類もあります)ものすごくやる気で「もう病気なんて治ってるから、通院するのも薬も一切必要ない」と思う強気な時と、薬がないと怖い、とか、何していいかわからないとか、木をみて首をつりたくなったりとか、差が激しくて、特に、何か困ったことが起きたとき、急にべらべら相手を罵倒する理路整然と滑舌よくしゃべりだす自分を後ろからみて、すごいなあ、と感心したりしているのもわかります。この人がいつも自分になってくれるといいのになあ、と、自分なんていなくなればうまくいくんだろうなあ、とおもいますが、いつも強気な人が出てくれなくて、どうしようもないクズな自分が多いです。生きているのも死んでいるのも面倒な時があり、道路で寝ていたり座っていて「幽霊かと思った」と言われることもしょっちゅうあります。幽霊になれればなあと思います。耳から聞こえる声が辛いので、子供の罵声とか、夫の暴言とか、耳が無くなればなあと思います。死ねたら幸せだろうなあと思います。仕事をバリバリやりたがっている自分がいつも自分ならいいのになと思います。切り替わる瞬間は、罵声が聞こえすぎて耐えられなくなったときとか、久しぶりに以前のように高速道路(事故以来のっていなかった)に乗ったとき、急に「こんな車もう耐えられん!」とディーラーに運転中に電話して見積もりして、と頼みました。そういう強い自分が前はずっと自分で、夫と殴り合いのケンカをしたり、罵声を浴びせあっていたのに、今はじっと聞いて耐えるばかりでもう生きている意味もないなあと感じます。
父は母をよく殴ったり蹴ったりしていました。母は叔父にも暴力を受けていました。今は私は叔父に顔が似ているから、叔父の子供なんじゃないか、それを確認しようかどうか迷っています。叔父は躁鬱病で30年入院の末、肝臓の病気で死んだと聞きました。私は叔父に子供のころ何かされた気がしますが、覚えていません。叔父が死ぬまで、家が怖かったし、恐怖が辛くて、悩みました。叔父が死んでそれは消えたのですが、今になって、叔父の子供かも、母が犯されたかも、と思えてきて、確かめるかどうか迷っています。
今自分が病気かどうかも分からなくなっています。主治医からは「自分でいいと思うなら、通院も薬もやめていいですよ」といわれました。でも、やめて苦しくなったり、泣いたり、息ができなくなったり、頭痛や身体の痛みも怖いです。薬はサインバルタ20mgを2個、セルシンを1日2回か3回、デュファストン5mgは婦人科で処方され、ストレスのための大量出血の薬です。くすりはちゃんと飲みなさいと言われますが、そんなにちゃんと飲むのが大事とは思えなくて、適当に飲んでいます、たぶん大目に飲んでしまっている気はします。
本当の病気は何で、薬で治るのか、やめてもいいのか、強い自分と死にたくなる自分の両方に疲れてしまいました。周りの環境にも疲れました。子供も「あんたなんか何の役にもたたないし死んでいい」というようになり、夫は浮気女がいるため以前から「いつ死ぬの」と言われたり、離婚届に判子を押せと、50枚くらいまとめて用紙を渡されたこともあり、もう自分は誰にも必要とされてないと思っています。親は死んだら悲しいだろうと思いますが、現状を詳しく書いて遺書を残しておけば、きっと理解してくれると思います。それか、もう70も過ぎているので、死んでから死のうかとも思います。それまで死んだように生きていくのも辛いです。もうどうしていいのか何も分からなくなりました。
中学の頃強姦されたのですが最後までされずに逃げることができたので、自分はすごい人間だ、と思っていたし、IQも高く、家も裕福で、父も祖父も祖母も名家の出で叔父もとてもIQが高く、自分は最高に恵まれていると感じていました。妹が死んだときはちょっとつらかったけれど、それでも自分はとても可愛がられて育てられたと思います。母はしつけが厳しく、しょっちゅう叩かれ、優しくされたことがないのが唯一辛かったです。あとは、母を殴ったり包丁で追いかける父、叔父、をみるのは怖かったです。それでも今までは何不自由なく好きなことをやり、何でもでき、運動もでき、教師にも評価され、十分に自分が最高な人生でした。夫に首を絞められたり、階段から蹴落とされても、向かっていって、棒を投げつけ、けがをさせてやれました。それなのに、交通事故になってからおかしくなりました。身体が痛くて、寝たきりになったり、人と会ったり、買い物で物や人の多い所に行くのが苦痛になったり、家事のやり方が分からなくなったり、そのころから、自分の知らない行動(買ってないものが届いたり)がおこったり、声が聞こえて怖くなったりするようになりました。薬をやめて通院をやめれば治りますか。主治医がもう私の診察を嫌がっているのはよくわかります。どうせ何の価値もない命なのでどうなろうといいじゃないかと、思われているのもわかります。さっさと死ぬべきなのでしょうか。急にやる気になる人が注文した色々な趣味の物がたくさん届き、それをもったいないのでやるのですが、なかなかできなくて、それをみるのも辛いです。借りてきた20枚ものDVDとか、サイコパスの話とか猟奇殺人とか、見ないともったいないのでみたいのですが、なかなかみられません。もうどうしたらいいのか全然わからなくなってしまいました。どうすればいいんでしょうか。

 
林: この質問文は乱れが目立ち、乱れの理由は、質問者の今の症状にあるのか、文章能力にあるのか、知能にあるのかは不明です。しかし、この乱れた文章から読み取れることとして、以下が指摘できます:

ここ1年ほど自分の記憶がないことや、知らない間に車を運転して買い物した跡があったり、ご飯を作った後や食べた後があり、不安で、それを相談したのですが、薬の副作用かもと言われました。

副作用で記憶障害はあり得ることですが(たとえば 【2190】夜、起きて物を食べるが、その記憶がない など)、この【2576】のケースでは、他の症状と総合すると、この記憶障害は解離性健忘でしょう。

家の中で変な声が聞こえるようになり、白い人が4mくらい離れたところでいつもいるのが気になり、それも相談したら、薬のせいでしょうと言われました。

この幻覚症状は、解離性障害によく見られるものに一致しています。薬の副作用ということはまず考えられません。

その後に書かれている、気分の急激な変動もまた、解離を思わせるもので、特に、

切り替わる瞬間は、罵声が聞こえすぎて耐えられなくなったときとか、・・・

という表現は、この文章そのものは曖昧ですが、これも他の内容とあわせれば、解離による人格交代の兆しを示唆するものと言えるでしょう。

さらに、

父は母をよく殴ったり蹴ったりしていました。母は叔父にも暴力を受けていました。今は私は叔父に顔が似ているから、叔父の子供なんじゃないか、それを確認しようかどうか迷っています。叔父は躁鬱病で30年入院の末、肝臓の病気で死んだと聞きました。私は叔父に子供のころ何かされた気がしますが、覚えていません。叔父が死ぬまで、家が怖かったし、恐怖が辛くて、悩みました。

このように虐待の既往を窺わせる記載もあることは、現在の症状が解離であることを支持するものといえます。

したがって、これらはいずれも、質問者に解離の症状があることを示すものです。そしてこの症状には改善の兆しがなく、むしろ悪化に向かっていることが窺われます。精神科での治療が必要です。

主治医からは「自分でいいと思うなら、通院も薬もやめていいですよ」といわれました。

これが事実であるとすれば、この主治医は全く信頼できません。これだけの症状がある以上、通院をやめていいはずがありません。(「事実であるとすれば」というのは単なる枕詞ではありません。解離性障害の方の場合、事実でないことを事実と思い込んでいることもしばしばあるので、メールだけでは事実か否か不明と言わざるを得ません)

交通事故になってからおかしくなりました。

この事故との因果関係は不明です。しかし交通事故による器質的な外傷が原因で、このような症状が現れることはまずありません。交通事故によるトラウマが関係しているということならあり得るでしょう(当初、PTSDと診断されていたとすれば、医師がそのように判断したということになります)。別の可能性として、原因と結果が逆、すなわち、交通事故にあったこと自体が、すでに解離による何らかの不整な行動の結果だったということが挙げられます。このように本人の認識している原因が実は結果ということが、精神科ではよくあります。(たとえば、降格させられたから精神不安定になった、と本人は認識しているが、実は降格させられたのは精神が不安定になったことの結果である、などです)

主治医がもう私の診察を嫌がっているのはよくわかります。

主治医が診察を嫌がっている、それが事実か否か不明です。わかるのは、質問者がそのように思っているということだけです。

どうせ何の価値もない命なのでどうなろうといいじゃないかと、思われているのもわかります。

主治医がそんなことを思っているはずはありません。したがって、これについては、質問者がそのように思っていることがわかる一方、その思っている内容は事実でないことがわかります。しかしそれをもって、上記、「主治医がもう私の診察を嫌がっている」が事実か否かを推定することはできません。

もうどうしたらいいのか全然わからなくなってしまいました。どうすればいいんでしょうか。

精神科できちんと治療を受けるべきです。

(2014.3.5.)

05. 3月 2014 by Hayashi
カテゴリー: PTSD, 精神科Q&A, 虐待, 解離性障害