【4274】6年通院しているがうつ病がよくならない

Q:  50代男性です。
小生、ひどい意欲の低下、新しいことが覚えられない、億劫、物事に対する興味や好奇心の喪失、不安や抑うつといった症状を50代半ばに発症したため、地元のメンタルクリニックに6年ほど通っています。

処方されている薬は、スルピリド50を1日3錠、フルニトラゼパム1mgを就寝前に2錠です。

現在、不眠症状と不安・抑うつは改善されましたが、意欲の低下や億劫さや興味・好奇心の喪失は全く改善されません。
そのため、精神的に持ちこたえられずに、2年前に地方公務員を早期退職しました。

さて、現在のクリニックの先生のアドバイスには何の効果もないため、医者を変えるか、処方薬を変えてもらうか、通院そのものをやめるか思案中です。(なお、睡眠薬だけなら、別途高血圧症で通院中のかかりつけ医で処方してもらえると思います。)

ベストな選択は何でしょうか?
意欲を向上させたり、興味・好奇心を取り戻したりするいい薬はあるのでしょうか?
とにかく、今処方されている薬をもらうだけの通院はやめたいと思っています。

よろしくお願いします。

 

林: 6年間の具体的な治療経過、特に処方内容が不明ですが、仮に今の処方が延々と続けられているのであるとすれば、この薬物療法はうつ病に対するものとして全く不適切です。改善が見られていないのにスルピリドのみの処方というのでは、うつ病を治療しているとは言えません。別の信頼できる医師を受診すべきです。適切な薬物療法を受ければ、今からでも改善は十分に期待できます。

(2021.4.5.)

05. 4月 2021 by Hayashi
カテゴリー: うつ病, 病院を変えたい・変えるべきか, 精神科Q&A タグ: |